FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤算かもしれん、と自分を励ます
2012-02-13 (月) | 編集 |
さっきの更新をどんよりした気分で更新していると、リュウ、ロシのカイちゃんが部屋に入るなりパっと起き、全力で追いかける。

で、ふ と思う・・・・
ここ数日、やたらとカイに反応してるんだな、リュウ。

腹膜炎が分かり、予定していた去勢は取りやめになった。
カイは毎年二月にやたらとモテる、追いかけられ疲れ入院したのも二月だった。
手術してある先住たちですら反応するんだ、男なままのリュウ、大人になりカイに反応してんのかな、で、その追いかけ疲れ?なのかな・・・・なんて思ったりなんかして。

きっとそうだ、うん、そうだ!!!
ホルモンバランスでなのかな、うん、きっとそうだ!!!!
私はそうだと信じこむ事にした。

カイよ、君はなぜにそんなにモテるんだ・・・・特殊な匂いでも発してんだろうかね?
カイにしてみたらイイ災難だわな;
ごめんな、カイちゃん。リュウ、手術できないんだ。少しガマンしてやってくれるかい?

そんなカイちゃんの写真を載せようかとSDを色々見ていたら、昨年リンパ腫で亡くなったソマリのイヅルの写真が出てきて。
まだ私の中では辛い出来事で、遺影以外の写真を見ていませんでした。
そのふっくらした顔に泣けてきた。

私がなぜ、リュウを迷っていたのに迎え入れたかというと、顔を移送される日に見に行った時、イヅルの子猫時代にそっくりだった。
ギンにも甘いが、私も娘もイヅルに甘甘でした。デレデレでした。
ソマリがみんなそうなのか分からんが、おバカで忠実で、おしゃべり猫で、私はどれだけイヅルに笑わせてもらったか分からない。

そんなイヅルと2年でサヨナラしなければなりませんでした。

だから、リュウを生まれ代わりと信じ、2年しか遊んでやれなかった分、いっぱい生涯遊んでやろうと思ったのです。
が、またこの子も不治の病を抱えておりました。

イヅルの事を「るうちゃん」と呼んでいました。
なので、「リュウ」にしました。

るうちゃん、お母さん、また弱虫になりかけたよ
るうちゃんと毎日病院に通ったね、たくさん薬飲んだね
一緒に頑張ったね

リュウも今頑張ってるよ
頑張ってるのはリュウなのに、お母さん、ちょっとの異変でもう、怖くてビクビクしているよ
毎日不安で仕方ない

奇跡は待っていても起きない!!
意地でも起こしてやる
強いお母さんにならなきゃ

お察しの通り、また睡眠薬とお友達になりました
が、頑張っているのはリュウじゃないかっと自分を励ますためだけの更新でありました
スペース汚し、すみません

青魚に含まれるEPAは人間に限ってだろうが免疫力を高めるのによいようだ
ちょっくらイワシさばいてあげてみます、青魚の黄色脂肪酸は猫にはよくないそうだが、リュウはもう食べ物制限もされていない
いっぱい食べていっぱい遊ぼうね、まだお母さん、リュウといっぱい遊びたいんだ

そんな気持ちを思い起こしてくれた、ソマリのイヅル、載せます
りゅう13



りゅう15



この写真、私 大好きなんです
3/11に急きょ今のオウチに引っ越しました、不安がる私の元に来てくれた父
みんな地震と新居に怖がりキャリーから出ない夜、イヅルだけは楽しんでいました
自分の父親にモザイクかけるとは思ってもみなかったわ(笑) ごめん、父
りゅう16
あの地震が起きたっていうのに持参したのは電池でも毛布でもなく、焼酎だったっていう父(笑)


弱い自分は大嫌いだ・・・
そんなビクビクするならこんな多くの命を抱えたらいけないのだ
大丈夫、きっと大丈夫

スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/02/13(Mon) 07:39 |   |  #[ 編集]
Re: み~様
あらあら、またお返事遅れてしまいました。
そういってくれちゃいます?なんか泣けます、くすん。
前はパソコンおっかない病だったのだが今は不思議とうわーっと文字打ってると気持ちが整理出来て「いたりで、大変個人的更新ばかりになってしまいました;

そんな毎日でしか、今なくて、面白い出来事なんか起きなくて。毎日猫で必死で。
が、それも私の日常 と思ってくだされば・・・と
2012/02/13(Mon) 16:42 | URL  | 湘にゃんず #-[ 編集]
ママさん…(;_;)
リュウくんのこと本当に心配でたまらないですよね・・・(;_;)
わが子のことですもの、病気とわかれば眠れなくなるほどに心配するのは当たり前、自分の体のこともかえりみずその子のためにできることはなんでもしたいと思うだろうし、ほんのわずかな変化にも一喜一憂するのは当たり前だと思います。
自分のことではなくわが子のことですもの、泣きたくなることもあるでしょうし、弱音をはきたくなることもあると思います。
人間ですもの。自然なことだと思います。
私事ですが、ひとり娘のにゃんしかいなくても、他のことが手につかなくなるくらい心配になることがあるのですから、ましてやたくさんの子たちのママさんの心労はいかばかりかと・・・。
それに、ママさんはただただ涙し嘆くばかりではなくて、ブログを読む私が苦しくなるくらいに不安な状況と闘ってます。
どうぞ、ご自分を弱いなんて言わないでくださいね。嫌いになんてならないでくださいね。
ブログも、写真のおもしろ加工は楽しみですが、ママさんの撮るにゃんこたちの姿は、生き生きとしていてそれぞれの個性もとてもよくわかって、加工しなくてもにゃんこたちの魅力もママさんのにゃんこたちへの想いも十分伝わってきます。
内容も、そのときそのままのママさんの気持ちとにゃんこたちの様子を、ママさんの無理のないペースで更新してもらえたら、と思います。
リュウくん、福島組、みなにゃん、そしてママさんのこと、心から応援しています。
2012/02/13(Mon) 18:26 | URL  | ルルママ #-[ 編集]
Re: ママさん…(;_;)
お返事送れてすみません!! そして不安な毎日に励ましのお言葉、ありがとうございます。

もうこの病は本当に嫌です、希望を捨てたくないのに状況がいつ悪化するかもわからず、そのサインを見逃すとまさに命とりで。もともと命を奪う病ではありますがいい時期が長く続いてほしくて。
幸いリュウはまだ戦う元気がありあまっております。だから頑張れるうちは私も頑張ります。

今日もロシで通院です。リュウに追いかけられたストレスもあるかな と思ったり、ギンのスプレーだったりで、多頭飼いはやっぱりリスクなのです、分かっていながら救ってやりたい命もあり、自分の飼い方を責めることも多いです。
おかげでこの通院祭りです。が、カイちゃんに関してもあの場で私が譲渡されなければ障害も克服できなかったかもしれない、今の命すら分かりませんでした。

みんながここで幸せと少しでも思ってくれるようにしようと思います
2012/02/19(Sun) 10:49 | URL  | 湘にゃんず #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。