スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅改め ゆきちゃんへ
2012-03-03 (土) | 編集 |
11/18、アニマルエイドさんから義経とともにやって来た。
キャリーから出たその子はなんて味のある女の子なんだろう。

「梅さん」にしよう と愛猫家さんとほぼ即決できまった。来た時から鼻がグズグズ、すぐに通院で抗生物質が出た。
なかなか治らず、子猫時代に引いた鼻風邪は一生ものだという話であった。

福島組に合流するとすぐみんなと仲良くなれた。
梅は人間が大好きだ。だから私はきっと飼い主さんがいた子だろうな と思っていた。

ここで福島猫を救いたいという愛猫家さんの提案を初めて夏に聞いた時は、猫に携わるイイ事 位に思っていた。
だけどみんなのイイ子っぷりに私はどっぷり溺愛。だけど「おかあさん」とは自分で言わなかった。
どこかに飼い主さんがいるかもしれない境遇な以上、私は給食おばちゃんに徹するのだ、そう言い聞かせてきた。平等に可愛がっている、溺愛、だけどいつか来るかもしれないお別れを喜べるように・・・
おばちゃんでした。

梅ちゃんの飼い主さんからの提供写真を見たら、「ああ、大切に育ててもらっていたのだな」とすぐ分かりました。
梅はどんな気持ちでここ神奈川にいたのだろう、どんな気持ちで震災を生き延びたのだろう

いつかまた飼い主さんに会えるのを信じて  それだけだろう

だから良かった、本当に。梅にとって一番な結果が待っていた。
飼い主さんのこの一年の気持ちを考えたら胸が張り裂けそうになる。生きていたと分かってどれだけ嬉しかっただろう。

ですが、どこか寂しい気持ちも正直あるのです、ごめんなさい
溺愛していますが、猫の一番は考えていました、引き渡しは最上級の喜びです

私はみんなの事をこんなに愛おしかったのだなぁ・・・・
今いる子たちだって、本当は飼い主さんがいる子かもしれない、ここが望む場所ではないかもしれないのだな・・・・

おばちゃんはおかあさんにはなりません。
みんなのおばちゃんです。だけどおばちゃんは精一杯みんなが幸せであるように仲良くしてきました。
今までも、これからも

梅よ
明日は故郷に帰れるよ
大変な一年だったね、言葉に出来ないだけでどれほど不安で寂しい、孤独な時間だったろう
震災から間もなく一年、もちろん人間の犠牲者も計り知れない、が罪のない動物たちの消えていった命も考えたくないほどの数だろう
その命は、いったいどの様な気持ちで消えていったのか・・・
幸いにも救われた命も未だ本当の幸せにたどり着いていない子もたくさんいる
そんな中、梅は・・・・帰るべき所に帰れるのだ、私は奇跡にも近いとさえ思っているよ

義経には命の意味を教わった気がしている
梅にはね、諦めないで信じる事 を教わったよ

一年の心の疲れをどうか故郷で飼い主さんの元、癒しておくれ
そして、神奈川で出会った仲間たちとの事、覚えていてくれたらうれしいよ
ありがとう、生きていてくれて、ここに来てくれて、ありがとう



本日午前中に福島より飼い主さんがお迎えにいらっしゃいます
梅は「ゆきちゃん」に戻ります
先に見つかった、ゆきちゃんの子供と一緒にまた暮らせるそうです
ゆきちゃんのお写真を送っていただけたらここでもアップしようと思います

ゆきちゃんの飼い主さんと再会できるまでの間に携わって下さった多くの方に御礼申し上げます
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
梅ちゃんよかったね
助けてくれたアニマルエイドさん、愛情いっぱいお世話してくださった奥さん。本当にありがとうございました。お別れは寂しいけれど、飼い主さんが見つからない子が多い中、うれしいことですね。
2012/03/03(Sat) 09:28 | URL  | ぶちねこ #ktqPI/kw[ 編集]
ありがとう。

さみしいけれど残りのみんなをよろしくです。
2012/03/03(Sat) 18:27 | URL  | りきまる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。