スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひよりちゃん、完全開放
2012-03-24 (土) | 編集 |
すみません、頂いたコメントのお返事、明日しますね!遅れてすみません。

一月末に保護したひよりちゃん。
幸いエイズ白血病陰性だったし人間大好き、我が家に現れてすぐ保護されたラッキーな子だったのだが、
保護する前、連日聞こえていた外猫の奇声・・・あれはひよりちゃんだったのだな。

よほど怖い思いをしていたのか、先住たちとの関係はあまりよろしくなく、時間をかけて慣らしていきました。一か月は窓越しに対面しつつ何猫かを部屋に入れ、匂いに慣れる を繰り返し。
この一か月は他の部屋で私がいる時間は自由にさせ様子を見る。ただトイレとご飯は自分の部屋でなければ嫌みたいで。
そこを春までにクリアできるか・・・・なとこでした。

今日はトイレも問題なし、先住がいてもご飯も食べる、私が行く方いく方に先住がいようがフラフラついて回る。
威嚇していたのもだいぶ治まり、気が付くと先住のわりとそばで、うたた寝までしていたっ。

長い人生、ずっと隔離していくのは可哀想。いつかはこの家を自由に過ごしてもたらいたい。
なので今日から夜も自分の部屋に戻らず、先住と一緒に過ごしてみます。
ただ、リュウは腹膜炎のため去勢できません、男なままなので女子大好きーっ・・・・・

ロシのカイちゃんはそんなリュウにも慣れ、最近では自分から誘うまでになった。
が ひよりちゃんはリュウの追いかけるのがうざいようだ。そこでケンカにならないんだがね。

迎え入れは誰より経験してきたんだ、二か月かけて「大丈夫」と思えた、うん。
きっと大丈夫っ

ひより8



サビ子も最近は鼻も絶好調なんで、食器の共有とトイレは分けてます がケンカをするような子ではないし
グルーミング程度では移らないという最近の定説を信じ、わりと自由にみんなと過ごしております。
やっぱ完全隔離なんて出来ないや。キュラと寄り添うサビ子はとっても幸せそう。
発症させないためにもサビ子に幸せな毎日を送ってもらうのが勤めじゃないかっ。


そんなこんなですが、ひよりちゃんがこんな感じで一緒に寝れる日が早く来るといいな
ひより
ちなみにこちらはシンガの「のんちゃん」夏で二歳になりまする。我が家の女の子はみなクールなんだが
この子だけはまるでコアラちゃんなのね。
夏でも冬でもこんなんです。





えー、簡単加工ですんません

福島組のちびっ子、凛と純は遊ぶの大好き 暴走族なんだが、最近純は遊び疲れるとボーっとしながら
めんどくさそうに遊ぶ。
いつでもスナイパーな凛と比較してみよう。


まずは凛
ひより9
「凛は毛が好きだね」



ひより10




ひより11
「もりあがってんなぁー・・・」




ひより12
この後必ず凛は自分でオモチャを元に戻すのだ



一方、遊び疲れている純
ひより15
「疲れたならもう寝ようか・・・」



ひより13




ひより14
「また明日遊ぼうね」
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。