FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おまけ更新「以前の腹膜炎と戦った10日記録」
2012-05-29 (火) | 編集 |
睡眠薬の血中濃度が下がるまで寝ないでおかないと朝がキツイので、少しおきるにします

あくまで、もう亡くなった子の、何の希望もない進行が速いFIPの記録です
ただ、その病で、こんな事があったから悲観してしまうけど、リュウのように頑張った意味がある子もいます。

いつかだれかが不治の病と闘う時、お役にはたてないですが、私の選んだ道も一つの正解 と思って、選択肢が広がれば・・・と。

興味ない方はスルーしちゃってください。


2010 9/21

惣介、去勢のための血液検査のついでに、最近あまり動かない、遊ばない、体格の小ささ、たべムラ、呼吸の荒さを相談。
口にも口内炎があるので、抗生剤をもらう。点鼻薬や、抗生剤あげるたびにぐったり。食欲はあるのでようすを見る事に。
けど・・・・なにかおかしい。本当は入院で色々調べるべきなんじゃないのかな・・・



2010 9/22

心を鬼にして投薬しても調子が悪く二回嘔吐。夜中心配で電話するが、たぶん風邪だから明日午前でいいんではないですか?と。
うまく言えないけど、先月とは明らかに違う動き、瞳に胸騒ぎがした。



2010 9/23

午前の診療で胸に雑音があった。異常あり でレントゲン。水が相当貯まっており、FIPで間違いないと初めて宣告。
待ってる間、携帯からその病を検索すると、おっかない言葉しか出てこない。頭が真っ白…青天の霹靂。
三日入院し、治療効果を見ましょう ということに。
だったらあの最初に入院していれば・・・・・



2010 9/24 25
お見舞いに行くと腕にはライン。そのラインを、先生の姿が見えると隠そうとする幼気な姿に涙がでた。
この子が不治の病だなんてな・・・・
状態は非常に悪く、ご飯はほぼ食べず、たべても全て吐く。翌日色々やってもダメなら退院するにした。
水を抜いて検査もお願いした。
鼻チューブでの強制給餌姿は・・・・お母さんは見ているのが辛い



2010 9/26

お見舞い以前に、もう意味もないのかな と可哀想になってしまい退院をお願いした。
帰宅したら、病院で鼻チューブで吐いていた子がオウチえお肉を食べてくれたーーー!!!希望持てた。
が・・・夜中二回吐く。なんかフラフラで段差すらおっかない。



2010 9/27
朝から全く食べない。スープなら少し飲む。午後病院へ。吐き気止め、抗生剤、インターフェロンを注射。待合の外まで聞こえる全力の注射拒否の奇声に涙が止まらなかった。
部屋の奥の位場所に寝ている事が多くなる
体重は2750  一週間で250減ってしまった




2010 9/28

朝はスープを少し飲んだがお肉も口にしない。一日の食事がスープだけなんて。
私が休みだと、わかるのか、ヨロヨロの足取りでついてきて胸で眠る。頼んでいた酵素も届いた。いやいやされながらもㇲポイトで口に。
生きてほしい・・・けど、希望が持てないほどのヨロヨロぶりに涙しかでない。
玄関でかすれた弱い声で私を呼ぶ。
散歩に行こうにも、外は雨。抱っこで屋根のある部分だけで外の空気を吸わせると気持ちが晴れるのか嬉しそう
体は骨っぽくなってしまった。体重2.6
以前出していた検査でFIPの確定が出た。


2010 9/30

スープも全くのまない。外に出たがるので抱っこするがカラダが突っ張った感じを覚えた。慌てて病院に行くが注射を終わりキャリーに戻すと、先生もいる前でキャリーで変な痙攣のような動き。
いよいよ神経にまわってしまったのかも とのこと。

帰ると「僕、負けないよ」というかのように、痩せたからだでポッチリ御肉を食べる姿に涙がこらえられない。軽くなってしまった・・・・
夜中何度も何度も外に出た。この数日はずっと雨。
「明日は晴れるかねー?」と明るく話しかける を心掛けた。
家族が帰ると、這いずってまで迎えに行く。
生きるためには食べなきゃ と心を鬼にしても・・・意味あるのだろうか と強制給餌はやめた。



2010 10/1
 
朝、なんだか呼吸が酷くあらい。昨日より明らかに弱っている。もう・・・なにも口にしない。
そとに出ると、長かった雨がやんだ。鳥の声や花の匂いに目を輝かせた。「午後は晴れるかな?晴れたら海に行こうか」と話ながら獣医へ。
ずっと高い熱が低い。=・・・もう戦う力がないのだ。今はロウソクのともしびの様な」命 と言われ、もう・・・サヨナラな気がした。
午後海岸にいくための用意をしていると、這いずって、泡立つほどの。チカラを出し切ったおしっこをした。
その数分後、11時5分に見たことのない、痙攣と奇声。目も閉じられず見開いたまま。歯をくいしばり口から流血。
獣医に、神経症状出ました と電話するが、触ったし今連れてくると痛みとパニックを与えるだけだから、往診で痙攣止めを打ちにいきますか?と言われた。
がね、この子は注射が大嫌いだった・・・・

苦しむのも可哀想、だけど、最期まで注射はもっと可哀想。
何度も受話器を置いた。私は初めて叫んだ。

「神様。この子がなにをしましたか!? もう楽にしてやってください」

でも神様は意地悪でこんな時間を2時間近く彼にあたえた。
その間、顔を私には見せまいとタワーやキャリーに頭だけを突っ込んでいた。その健気さに自分が情けなかった。
おかあさん、ここにいるからね としか言えないなんて。

辛い時間が2時間たち、私の顔をタワーから覗き、数歩這いずった。そして私の腕で亡くなった。

私はごめんねの言葉しかなかった。
こんな苦しみを与えてしまうなんて

もうこの病はいやだ・・・・・・もう絶対に

そうちゃん、まだいっぱい遊びたかった
ごめんなさい、治してやれなくて、苦しませてしまったね。なのにお母さんに心配かけないように顔を隠したんだね?
漢(おとこ)だね

10日辛かったね
いつかお母さん、そこにいきます
その時に、おかあさん、苦しめた事を精一杯謝ります。
だからどうか、他の子たちを見守っておくれ

いえい2
来たばかりのそうちゃん



いえい1
昨年亡くなったイヅルも一緒でした



いえい3
ふらふらで黄疸がでました



いえい4



いえい
一歳のお誕生日の写真
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
おめでと
お久しぶりです。遅れちゃったけど お誕生日おめでとう

辛い 闘病記 よみました。
動物は 健気だね。 魂が 清らかだよね

2012/05/29(Tue) 17:15 | URL  | KiTT&KARRの ママ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
睡眠薬の血中濃度が下がるまで寝ないでおかないと朝がキツイので、少しおきるにしますあくまで、もう亡くなった子の、何の希望もない進行が速いFIPの記録ですただ、その病で、こんな...
2012/05/29(Tue) 06:23:52 |  まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。