FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜂にご用心
2012-09-11 (火) | 編集 |
今日はのんびり猫と過ごしておりました。

そんな中、事件勃発である・・・・・


昼間福島組に蜂がいて、危ないなぁと思いほうきで撃退した。死骸のお尻からは断末魔で針をだしていた。
怖っ!!! こんなんで刺されたら痛いわあ・・・・なんて思っていた。

で、夕飯時にまた蜂がいて、追っ払おうとしたがご飯でみんな集まった時に、ほうきなんか振り回したら怖がられるなぁ と思っていたら純がすっ飛んできて蜂に果敢に挑もうとする
「純、危ないよっ;;」 と純をどかそうとすると、純がなにやら手をすごく舐めている
そんな一瞬で刺されるわけないよなぁ と思っていたのだ

が、夜遊びにいくと純が手を不自然にあげているではないか・・・・
見たらオテテがクリームパンのように腫れている(沈)

NOoooooo-----------っ!!!!!!!


オテテを見ようにも、本人も痛いのか見せてくれない
速攻病院に電話。運よく森くんがまだいてくれて。

問題ない場合もあるが、毒で血液が壊されてしまう場合があり、そうなると早くインターフェロンを打たないとどんどん血液が壊されてしまう と。
なもんで速攻連れて行ってきました

血液検査でまだ血液は壊されていない事、毒がひどく回っていない事がわかり注射をしました

先日もワンちゃんが蜂に刺され、すぐ連れて行かなかったので毒が回り命も危ない状態になったそうだ

あう・・・・・大事にいたらなくてよかった
けどさぁ、そんなん言ったら野良ちゃんとか危険だよなぁ・・・・二回目とかもっと危ないんだよね
純はおそらくまだ一回目ではないか と。

スナイパーも問題である

そんなこんなで先ほど帰宅でありました。はぁ・・・・ドキドキしたぜ
幸い針が手に残っておらず、よかったです 

そんなこんなな純の腫れたおてて
はち


腫れの様子を見たいので明日も来てください という事でリュウと一緒に通院してきます

我が家もたまに蜂が入ってみんな追っかけまわしている・・・・福島組も蜂を見たのは今日に始まった事ではない

みなさん、蜂と侮るなかれ
一瞬の出来事だったからね、気づかずに一晩とか想像するだけでおっかない
お気を付けあれ
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。